風に吹かれて

cazu88.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 07月 08日

Lady Hope's ガーデン

 ケズ・ウィックの町に着きました。綺麗に刈り込まれた芝生のお庭とマナー・ハウス。
 そして館の主 夫人の名を付けた美しい花壇。ここで咲いていた花々です。
c0051143_11384010.jpg
c0051143_1139678.jpg

 フクシヤ
c0051143_11403951.jpg

 アイリスの仲間
c0051143_11414864.jpg
c0051143_11421216.jpg
c0051143_11424175.jpg

 シャクヤク (芍薬)
c0051143_11441923.jpg

 スカシユリ
c0051143_11451589.jpg

 タイツリソウ
c0051143_1146750.jpg

 ヤマボウシ
c0051143_1147037.jpg

 日射しが強すぎて沢山 失敗しました。今、日本ではイングリッシュ・ガーデンが大流行
 のようですが、イギリスでは、ギボウシなどもあちこちで見られ、交流は盛んなようです。

# by cazu88 | 2005-07-08 11:53 | 05イギリス田舎歩き | Comments(3)
2005年 07月 08日

グラスミアの花

 いろいろな花を見ました。
 フウロソウの仲間でしょうか
c0051143_08467.jpg

 珍しい 白いクルマユリ
c0051143_093249.jpg

 コウリンタンポポ
c0051143_0381452.jpg

 フラウエン・マント奥方様のマント  和名・ハゴロモグサ(羽衣草)
c0051143_0432450.jpg

 ワスレナグサ ここでは草丈7~80センチ
c0051143_045944.jpg


# by cazu88 | 2005-07-08 00:46 | 05イギリス田舎歩き | Comments(0)
2005年 07月 07日

ダヴ・コテージ(Dove Cottage)

 6月23日、バターミア湖一周ウォーキングの日ですが、その前に、ちょっと寄り道。
 詩人ワーズ・ワースのインスピレーションの源と言われるグラスミアのダヴ・コテージへ。
 美しいバラに囲まれた、こじんまりしたお家です。
c0051143_23304956.jpg

 周辺にも、いろいろな花が・・・
c0051143_23325033.jpg
c0051143_23331859.jpg
c0051143_23335430.jpg
c0051143_23341832.jpg

 白いモンスターのようですが、ウスユキソウなどと同じように白い毛に覆われていました。

# by cazu88 | 2005-07-07 23:37 | 05イギリス田舎歩き | Comments(0)
2005年 07月 07日

ケンダル城

 ピーターラビットの村からホテルに帰り、夕食までの間を利用して古いお城跡へ行きました。
 冬はスキー場になる傾斜のきつい道を丘の上へ。僅かな建物と城壁が残っているだけの
 広い城跡。洋の東西を問わず、何がなしの寂しさを漂わせていました。
c0051143_11583961.jpg

 眼下にケンダルの町が広がります。
c0051143_12101.jpg

 ケント川にかかる石造りの橋の向こう、塔のある建物がホテルです。
c0051143_1241992.jpg

 道端で見かけた花
 ワイルド・ローズ
c0051143_1265014.jpg
c0051143_1271556.jpg

 ジギタリス
c0051143_1275939.jpg

 ジギタリスは、この後、あまりにどこででも見かけるようになり、いささか食傷気味になりました。

# by cazu88 | 2005-07-07 12:10 | 05イギリス田舎歩き | Comments(2)
2005年 07月 05日

イングランドの小鳥

 ウサギと同じところで
 カワラヒワ ここでも聞き慣れた歌声を聞かせてくれました。
c0051143_23302067.jpg

 名前のわからないトリ
c0051143_23311159.jpg

 ブラック・バード 駐車場の車の脇をチョンチョン歩いていました。
 現地のガイドさんに名前を尋ねたところ"ブラック・バード"ですって!!
  ひっくり返りました。
c0051143_23354124.jpg


# by cazu88 | 2005-07-05 23:40 | 05イギリス田舎歩き | Comments(8)
2005年 07月 05日

イギリスのウサギ

 折角、ピーターラビットの故郷まで行ったのですが、日本から21人ものツアー客が
 一度に押し寄せたため、ウサギはびっくりして姿を隠してしまって会えませんでした。
 後日、イングランドまで南下して泊まったホテルの周りはウサギがピョンピョン!!
 
 茂みの中のグレーのウサギ
 あ、オイシソウな草、朝ご飯にしましょう
c0051143_224032.jpg
c0051143_22402898.jpg

 ハマナスの茂みは、かっこうの隠れ家、ハマナスの実には毒があるので食べられません。

 草原の茶色のウサギ
 ねぇ、どうしましょう、お家へ帰ります?ヘンな人も来ているし・・・
 そうだね。坊や、先にお帰り。
c0051143_2249223.jpg

 じゃー、もう少し、様子を見ましょうか・・
c0051143_22505014.jpg

 やっぱり、逃げろ!! トリさん、あんたも早く!!
c0051143_22565866.jpg


# by cazu88 | 2005-07-05 22:57 | 05イギリス田舎歩き | Comments(2)
2005年 07月 04日

ヒル・トップ

 ピーターラビットの故郷、ニアソーリー村のヒル・トップに着きました。
 ビアトリクス・ポター・ギャラリーです。
c0051143_0365325.jpg

 白い壁の建物でピーターラビットが創り出されました。
c0051143_039113.jpg

 このあたりで咲いていた花々
c0051143_0404061.jpg
c0051143_041478.jpg
c0051143_0413438.jpg
c0051143_042094.jpg
c0051143_0434145.jpg


# by cazu88 | 2005-07-04 00:44 | 05イギリス田舎歩き | Comments(4)
2005年 07月 04日

湖水地方へ

 いよいよ湖水地方へ。ボルトンからバスで1時間半走って、今夜の宿・ハイキングの基地・
 ケンダルに到着。昼食をすませた後、さらにバスで、この地方で一番大きい湖ウインダミア湖へ。
 まずウインダミア(Winderere)からボウネス(Bowness)までウォーキングした後
 フェリーで向こう岸に渡り、ピーターラビットの故郷ヒルトップを目差そう・・というわけです。
c0051143_62178.jpg

 白鳥たちに見送られてフェリーに乗りました
c0051143_065263.jpg

c0051143_072714.jpg

 ウインダミア湖、湖岸に見える館
c0051143_05427.jpg

 自家用ボートを繋留する別荘
c0051143_085999.jpg

 フット・パスの標識。これのある所は、個人の所有地でもハイカーの歩行が許されます。
c0051143_0112870.jpg

 ヒル・トップへの道
c0051143_0124537.jpg
c0051143_0132177.jpg

 羊の休息
c0051143_014439.jpg

 体の色が黒いのは、今年生まれた子羊、大人になると白くなるそうです。

# by cazu88 | 2005-07-04 00:18 | 05イギリス田舎歩き | Comments(5)
2005年 07月 03日

ボルトン、ホテル周辺の花

 6月22日、湖水地方へ向けて出発の前に、ボルトンの花をもう少し・・
c0051143_21263288.jpg
c0051143_2126584.jpg

 アカバナの仲間の多さが目に付きました。
c0051143_21281017.jpg


# by cazu88 | 2005-07-03 21:28 | 05イギリス田舎歩き | Comments(2)
2005年 07月 02日

イギリス田舎歩き

 6月21日、朝5時起床の早い便で、"イギリスの田舎を歩こう"というツアーに出かけました。
 羊と牛の放牧場の中を、ノンビリ歩こうがテーマだったのですが・・・
 夢みていたのは、こんな風景です。
c0051143_23504466.jpg

 まずはマンチェスター郊外、ボルトンの町で迎えたイギリス初日の朝、
 ホテルのすぐ側にある1837年に建てられたボーイズ・スクール、今も使われているようです
c0051143_23565613.jpg

 こちらは、 かつては教会だった建物ですが、今はクラフト・ショップになっていました。
c0051143_2359435.jpg

 さて、お花は、イギリスといえば、まず ヒースですよね。
c0051143_0177.jpg

 そして ハニー・サックルローズ 日本名はスイカズラ 
c0051143_021085.jpg

 これは名前がわかりません。
c0051143_03724.jpg

 このシリーズでは、名前のわからない花が多くなると思いますが、お許し下さい。

# by cazu88 | 2005-07-02 00:10 | 05イギリス田舎歩き | Comments(6)