カテゴリ:07スイス花の山旅( 16 )


2007年 07月 26日

雪と氷の華

 7月4日、夜明け前に雪が降ったのでしょう、ゴルナーグラードは一面の雪景色です。
c0051143_0142492.jpg

 窓枠にも雪が・・・
c0051143_015834.jpg

 新雪で化粧直ししたマッターホルン
c0051143_016067.jpg
c0051143_0162218.jpg

 今日はブライトホルンの右にあるクライネ・マッターホルンまで行く日です。
c0051143_018087.jpg

 電車とロープウエーを乗り継いで着いた3883mの頂上は、雪と氷でバリバリの世界
c0051143_12231317.jpg

 クライネ・マッターホルン頂上の十字架。ロープウエーの駅の表示では、気温ー7゜c
c0051143_0191654.jpg

c0051143_12234010.jpg

 つらら。通称・エビのしっぽ。風が強いので、雪は一方向に付くのです。
c0051143_0201116.jpg

 ブライトホルンにのぼる人々
c0051143_0205280.jpg

 とうとう親マッターホルンは全容を見せませんでした。
c0051143_0215166.jpg

 午後からは雪まじりの雨になりましたので、ハイキングはパス。
 ツェルマットの町で見た花
 キキョウの仲間
c0051143_0242999.jpg
c0051143_0244853.jpg

 オダマキの仲間も沢山ありました。
c0051143_025376.jpg
c0051143_0255318.jpg
c0051143_0261417.jpg
c0051143_0263574.jpg

  おまけ  夕食は名物チーズ・フォンデュを戴きました。幾らでも食べられますよぉ !!
c0051143_0282783.jpg


by cazu88 | 2007-07-26 23:33 | 07スイス花の山旅 | Comments(12)
2007年 07月 26日

スネガとツェルマットで見た花

 ツアー本隊から別れてツェルマットへ下り、地下鉄でスネガまで登り返し、
 スネガの池に映るマッターホルンを見よう としたのですが・・・
 ことは、そう上手くは運びませんでした。スネガは只今、開発工事の真っ最中。
 重機が入り、ブルドーザーが走り回って、かつての長閑な雰囲気はありませんでした。
 その上、急に雲が出て来て、雨もパラパラ。大慌てでツェルマットへ逃げました。
 スネガで見た花
 アルニカ
c0051143_053744.jpg

 Alpen leinblatt
c0051143_0541669.jpg

 ドラバ・ホッペアナ
c0051143_0551392.jpg

 ピンクのノコギリソウ
c0051143_056127.jpg

 マンテマとその仲間
c0051143_0573792.jpg

c0051143_058267.jpg

 ツェルマットで見た花
 アカバナ
c0051143_0592315.jpg

 エリヌス・アルピヌス
c0051143_102669.jpg

 サキシフラガの仲間
c0051143_131349.jpg

 センペルビブム・アラクノイデウム
 一見、多肉質の植物のように見えるこの仲間は、他では見られない花です。
 ハイキング中にはまだ咲いていませんでしたが麓でやっと見つけました。
c0051143_164741.jpg
c0051143_1776.jpg

 ヤナギラン
c0051143_175920.jpg

c0051143_191367.jpg

 クサフジ
c0051143_195858.jpg

 またまた電車に乗って、ゴルナーグラードのホテルへ帰りました。

by cazu88 | 2007-07-26 01:11 | 07スイス花の山旅 | Comments(2)
2007年 07月 25日

逆さマッターホルンを見て・・・

 朝、素晴らしい全姿を見せてくれたマッターホルン。
 リッフェル・ゼーに映る逆さマッターホルンを見るハイキングに出かけました。
 マッターホルンは、左右に3000m を超す山々を従えているとは言え、
 断然、突出した高さを誇る山ですから、雲を呼びやすく、こんなに見事に全容を
 見られるのは幸運としか言いようがありません。
 一駅だけ電車に乗って、ローテンボーデンから歩き出します。
c0051143_094539.jpg

 リッフェル・ゼーに着きました。少し風がありましたが、逆さマッターホルンが見られました。満足、満足。
c0051143_0113759.jpg
c0051143_012557.jpg

 リッフェルベルグ駅まで、山を眺めながらのハイキング。
 ヴァリス山域は、春の訪れが遅かったのでしょうか、花の数は期待したほどでは
 ありませんでした。

 シレネ・アカウリス 英名モス・チャンピオン 
 まるで苔のように石に貼り付いて咲きます。
c0051143_0201069.jpg

c0051143_0205240.jpg

 ゲウム・レプタン
c0051143_0215351.jpg

 サキシフラガ・プリオイデス まだ蕾です。
c0051143_0233054.jpg

 ゲンチアナ・プラキフィラ
 今まで見たのに似ていますが、花筒の長い、この地域に多い種類です。 
c0051143_0262877.jpg

 離れた所で様子を窺っている マーモット
c0051143_0274169.jpg

 ビオラ
c0051143_0284153.jpg

 セラスチウム・ユニフロルム
c0051143_0294915.jpg

 タイムの仲間
c0051143_0304063.jpg

 アスター・アルピヌス
c0051143_032128.jpg

 ハイキングの終点、リッフェルアルプ駅が見えて来ました。
c0051143_0335170.jpg

 若い元気な方々は、この後、更に湖巡りのハイキングを続けられましたが
 我々は前に一度行ったことのあるコースでもあり、遠慮して電車でツェルマットへ下りました。

by cazu88 | 2007-07-25 23:44 | 07スイス花の山旅 | Comments(1)
2007年 07月 24日

夜明けのゴルナーグラード

 今日、近畿地方は梅雨があけました。暑さがドッと押し寄せて来ました。
 舗道のアスファルトが燃え上がるような暑さです。
 涼しい風景をお届けします。

 7月3日、ゴルナーグラードの日の出は 5時15分頃 と聞かされていました。
 寒さに備えて、セーターを着込み、幅広のストールを巻き付け、耳の隠れる帽子に
 ヤッケの重装備で、ホテル裏の展望台へ登りました。

 まだ眠っているマッターホルン
c0051143_2359557.jpg

 ブライトホルンの上に月が残っています。
c0051143_011045.jpg

 東の空が白んで来ました。雲海がスゴイ !
c0051143_023130.jpg

 光の矢が飛んで来ました。
c0051143_03478.jpg

 光に染められるマッターホルン
c0051143_045874.jpg

c0051143_054889.jpg

 すっかり夜が明けました。右に端然と控えるのはダン・ブランシュ
c0051143_011816.jpg

 続くヴァリスの山々
c0051143_0121938.jpg

 モンテ・ローザとゴルナー氷河。逆光気味ですが・・・
c0051143_0135195.jpg

 ブライト・ホルンとクライネ・マッターホルン(右の黒い三角ピーク)
c0051143_0152712.jpg

 寒かったぁ ! けど、素晴らしい朝でした。ホテルへ戻って朝食をとった後、
 マッターホルンを眺めながらのハイキングに出かけました。

by cazu88 | 2007-07-24 23:26 | 07スイス花の山旅 | Comments(4)
2007年 07月 24日

ゴルナーグラード へ

 ツェルマットからゴルナーグラードへは、登山電車でほぼ1時間です。
c0051143_0163284.jpg

 車窓に姿を見せかけたマッターホルン。でも雲がとれない・・・
c0051143_0174510.jpg

 到着しました。
 クルム・ホテル 小さなマリア礼拝堂も健在です。
c0051143_0191723.jpg

 モンテ・ローザ モンブランに次ぐヨーロッパ・アルプス第二の高峰です。氷河も見事です。右はリスカム
c0051143_0213914.jpg

 シュトゥック・ホルン 11年前、あのテッペンまで雪を踏んで行く元気があったのですが、今は、もうダメ !!
c0051143_0231924.jpg

 PM9.20 になって、やっと姿を見せてくれた マッターホルン  明日の朝が大いに期待されます。
c0051143_0253217.jpg


by cazu88 | 2007-07-24 00:27 | 07スイス花の山旅 | Comments(6)
2007年 07月 23日

ツェルマット へ

 午後になって、こちらはカラリと晴れあがりました。が、近畿北部がスッキリしないとかで
 梅雨明け宣言は見送りになりました。皆様のところでは如何でしょう?

 のんびり、スイスの旅を続けます。
 7月2日、ベルナー・オーバーラントの山々に別れを告げて、ヴァリスの山の基地
 ツェルマットへ移動する日です。朝はスゴイ雨と風でした。幸い出発する頃には小降りになり

 4人乗りの小さなゴンドラで麓の村グルントまで下ります。
c0051143_2364919.jpg

 窓から見る牛さんとも さようなら
c0051143_2374036.jpg

 専用バスでの移動です。途中バスを停めて撮影時間を取ってくれた
 シュピーツの風景  以前来た時、古いお城、教会、しっとりした町並みに魅せられたものです
c0051143_23145233.jpg

 カンデルシュテークからゴッペンシュタインまで、カー・トレインに乗ることになりました。
 冬、雪の多いこの国では峠越えの危険を避けて、車ごと列車に乗せてトンネルで山越え
 しようと言うわけです。
 
c0051143_23232330.jpg

 シュタルデン 峡谷にかかる橋。
c0051143_23255526.jpg

 ツェルマットもガソリン車の乗り入れ禁止の町です。バスをテーシュで下りて
 シャトル電車でツェルマットに着きました。テーシュが綺麗になっていたのには驚きましたが・・・
c0051143_23312810.jpg

 ツェルマット駅前 ホテルの送迎用馬車
c0051143_23325519.jpg

 自由時間がありましたので、少し町を歩きました。
 町の中心、教会広場
c0051143_23364484.jpg

 マッターホルンへ初登頂したウインパーの顕彰碑
c0051143_23374171.jpg

 マーモットの泉
c0051143_23381176.jpg

 古い家並み。鉄平石の屋根、ネズミ返しの石など昔の生活がしのばれます。
c0051143_23411053.jpg
c0051143_23412888.jpg

 でも人々は窓辺を飾り・・・
c0051143_234476.jpg

 庭に花を咲かせて、観光客をもてなします。
c0051143_23451155.jpg
c0051143_23452925.jpg

 残念ながらツェルマットの町からは姿を見ることが出来なかったマッターホルン。
 この後、展望台になるゴルナーグラードへ移動して、会えるのを楽しみに・・・
 

by cazu88 | 2007-07-23 23:51 | 07スイス花の山旅 | Comments(1)
2007年 07月 22日

クライネシャイデックからユングフラウ・ヨッホ往復

 クライネシャイデックからユングフラウへは、登山電車で一気に登ります。
 日本からのおおかたのツアーが組み込んでいるコースですから、ご存じの方も
 多いことでしょう。

 登山電車ユングフラウ・ヨッホ駅の看板
c0051143_23532349.jpg

 アイスメーア駅の窓から見た風景
c0051143_23545630.jpg

 ピラミッド・ピーク展望台から見たアレッチ氷河
c0051143_23553025.jpg

 ユングフラウ東面
c0051143_23555367.jpg

 メンヒ
c0051143_23562045.jpg

 雪原で山岳救助訓練をしていました。犬もヘリコプターも参加した本格的なもののようです。
c0051143_2357497.jpg

 雪の上に下りて振り返ったピラミッド・ピーク
c0051143_002736.jpg

 アイガー・グレッチャー駅からクライネシャイデックまで、午後のハイキング。
 駅とアイガーとメンヒ
c0051143_053580.jpg

 殆どの観光ツアーも「ミニ・ハイキング」として歩くこのコースは、やっぱり花の綺麗なコースです。
 ドラバ・ホッペアナ
c0051143_0124732.jpg

 ドゥリュアス・オクトペタラ
c0051143_0141151.jpg

 ポリゴニュウム・ビストルタ
c0051143_0173086.jpg

 セラスチウム・ユニフロルム
c0051143_0185371.jpg

 横を電車が通ります。
c0051143_020124.jpg

 少し雲が出て来ましたが、お天気山ヴェッター・ホルンがハッキリ見えていますから大丈夫。
c0051143_0224100.jpg

 シレネ・ラウペストリス
c0051143_023159.jpg

 クライネシャイデック。ハイキングの終点。電車の十字路。
 
c0051143_0314279.jpg

 電車とロープウエーを乗り継いで、メンリッヘンのホテルへ戻りました。
 ロープウエーの駅へ着く直前、突然の雷雨、あっという間に霰が混じり、雹になり
 ロープウエーが運行中止になる・・・でヒヤヒヤしましたが、何とか無事に一日が終わりました。
 
 

by cazu88 | 2007-07-22 23:38 | 07スイス花の山旅 | Comments(6)
2007年 07月 21日

メンリッヘンからクライネ・シャイデック へ

 7月1日 この日も花の道のハイキングから始まります。
 
 メンリッヘンの夜明け。好天を約束してくれる朝の空です。
c0051143_015928.jpg

 このコースは、アイガーを真正面に見ながら歩く人気コースです。
c0051143_0173057.jpg

 道の両側は、花の道と呼ばれるのにふさわしい、途切れることのない花々です。
 が、少し煩わしくなって来たように思いますので、これまでに載せた花は割愛して
 ここで初めて出て来た花を中心にします。

 Filziger alpenlattich
c0051143_0243115.jpg

 ラナンクルス・ピレネウス
c0051143_0255880.jpg

 コケモモ?
c0051143_0264668.jpg

 ゲンチアナ・コキアナとミヤコグサ
c0051143_0294423.jpg

 カルダミネ・レセディフォリア
c0051143_0304774.jpg

 キバナノコマノツメ
c0051143_031362.jpg

 カンパニュラ・バルバータ 髭のホタルブクロとも呼ばれます。
c0051143_0331245.jpg

 ルートには休憩用のベンチや・・・
c0051143_0343139.jpg

 水飲み場も置かれています。
c0051143_0352465.jpg

 リグスティクム・クテリナ
c0051143_036267.jpg

 ベニドウダン?
c0051143_0373755.jpg

 道が回りこんでユングフラウが見えて来ました。ヨッホの展望台も見えます。
 あそこまで電車で行けてしまうなんて 信じられないですね。
c0051143_040993.jpg

 ソルダネラ・プシラ
c0051143_0411365.jpg

c0051143_0413694.jpg

 アストラガルス・アウストゥラリス  アルペン・ゲンゲの白花
c0051143_0432327.jpg

 赤花も・・
c0051143_044424.jpg

 Pseudorchis albida
c0051143_0452895.jpg

 カンパニュラ
c0051143_0461422.jpg

 クライネ・シャイデックが見えて来ました。楽しい花の道でした。
c0051143_0474520.jpg

 「アルプスを愛した日本の作家・新田次郎ここに眠る」のお墓にお参りして終わりました。
c0051143_0502534.jpg


by cazu88 | 2007-07-21 23:52 | 07スイス花の山旅 | Comments(4)
2007年 07月 20日

メンリッヘン へ

 6月30日、ホテル・アイガーで、美味しいランチを戴いた後、ミューレンを離れ
 メンリッヘンへ移動しました。
 ミューレンー(電車)ーグルッチュ・アルプー(ケーブル)ーラウター・ブルンネンー(電車)ー
 ウエンゲンー(ロープウエー)ーメンリッヘン
 山が大きく、谷の深いアルプスでは、隣の谷へ移るのも時間がかかります。

 ウエンゲン、ロープウエーの駅。国、州、町の旗が掲げられています。
c0051143_2333157.jpg

 ゴンドラ
c0051143_23335213.jpg

 メンリッヘン山。ロープウエーの終点から少し離れていますが、行ってみることに
 しました。これまで2回は天気が悪くて行けてなかったのです。
c0051143_23375153.jpg

 山頂には、意外に沢山の人が・・・
c0051143_2338489.jpg

 ほんの近くのメンリッヘン山へ行くだけでしたが、花は予想外にいろいろ見られました。
 タカネシオガマ
c0051143_23414640.jpg

 Himmelsherold ミヤマムラサキの仲間
c0051143_2344298.jpg

 トチナイソウ
c0051143_23464521.jpg

 ビオラ なんと野生の花があちこちに見られるのです。
c0051143_23481530.jpg

 チシマキンポウゲの群落。 後ろはアイガー。
c0051143_23494152.jpg

 ベロニカ・アルピナ
c0051143_2351441.jpg

 アスター・アルピヌス
c0051143_2353147.jpg

 ゲンチアナの群落
c0051143_23535619.jpg

 移動の途中、ラウター・ブルンネンで見かけた花
 ヒメフウロ
c0051143_23552486.jpg

 ブルー・ファン・フラワー
c0051143_23561531.jpg

 明日は、メンリッヘンからクライネ・シャイデックまで、真正面にアイガーを見ながらの
 花の道ハイキングです。

by cazu88 | 2007-07-20 23:57 | 07スイス花の山旅 | Comments(2)
2007年 07月 19日

シルトホルン、アーメント・フーベルから花の谷へ

 6月30日、雨の心配はなさそうなので、ミューレンの村はずれにあるロープウェーを
 利用してシルトホルン展望台へ行くことになりました。
 「女王陛下の007」のロケ地として有名になった所です。
 山頂の回る展望レストラン。 10分で一回転しますので、居ながらにして360゜の
 山々の眺めが楽しめます。
c0051143_2232976.jpg

 雲をまとったアイガー
c0051143_22354043.jpg

 日本ではあまり知られていませんが、こんないい山もあります。
 GSPALTENHORN 3437m
c0051143_22374226.jpg

 ミューレンに戻り、アーメントフーベルへケーブルで登ります。
 ケーブル乗り場の窓口
c0051143_22401255.jpg

 ハイキング道の標識。黄色は初心者向きコース。
c0051143_2244016.jpg

 ベルナー・オーバーラント三山に見守られてハイキング開始です。
c0051143_2251822.jpg

 さぁ、いよいよ、花の谷・ブルメンタールを歩きます。名前の判らない花もありますが
 どうぞ、お付き合い下さい。
 トリフォリウム・アルピスム (アルペン・ゲンゲ)
c0051143_2255521.jpg

 ベロニカ・カマエドゥリス
c0051143_2256912.jpg

 アルペン・アネモネ
c0051143_22571039.jpg

 テガタチドリ 
c0051143_22581696.jpg

 名前?? 日本のタカネグンナイフウロに似ています。
c0051143_22592753.jpg

 Pedicularis tuberosa (エゾシオガマ)
c0051143_2313871.jpg

 キンポウゲの仲間
c0051143_233337.jpg

 リンドウの仲間
c0051143_234588.jpg

 Alpen distel (アザミ)
c0051143_2353363.jpg

 アジュガ・フィラミダリス
c0051143_2364741.jpg

 ブルメンタール花の谷そのものの風景
c0051143_23214078.jpg

 シレネの仲間
c0051143_2382969.jpg

 珍しい花ですが、調べられませんでした。
c0051143_23103166.jpg

 キク科の花いろいろ
c0051143_23115218.jpg

 クリサンセマム・アルピヌム(アルペン・ムーン・デージー)
c0051143_23191116.jpg

 クライネ・ブラウネル  ウツボグサに似ています。
c0051143_23143381.jpg

 ゲウム・モンタヌム  ダイコンソウの原種とされています。
c0051143_2316352.jpg

 Schwarzeo kohlroschen
c0051143_2324263.jpg

 ヘラオオバコにそっくりですが黄色です。
c0051143_23253869.jpg

 だいぶ下って来ました。農作業用の小屋が見られるようになって来ました。
c0051143_23265226.jpg

 牛の好きなセリ科の花
c0051143_2329325.jpg

 のんびり草を食べている牛
c0051143_23334233.jpg

c0051143_23341247.jpg

 ヤグルマギクも自然の中でノビノビと・・・
c0051143_23304139.jpg

 エーリゲ・ランプツェル
c0051143_2343337.jpg

 三山、ユングフラウが近く見えるようになって、村まで もう間近かです。
c0051143_23362921.jpg

 水飲み場まで帰り着きました。お疲れ様でした。
c0051143_23372847.jpg

 明日はメンリッヘン へ移動します。

by cazu88 | 2007-07-19 23:45 | 07スイス花の山旅 | Comments(4)