風に吹かれて

cazu88.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:10中部イタリア小さな村めぐり( 18 )


2010年 09月 24日

フィレンツェー2

 8/1  観光の最終日です。午前中に地元に住む日本人のガイドさんに案内して貰って
 アカデミア美術館、メディチ家礼拝堂、ヴェッキオ宮殿を見ました。
 午後は、昨日に続いて自由時間ですので、憧れのウフィッツイ美術館へ行きます。

 アカデミア美術館 ここはなぁ~んにも写真が撮れていません。
  ミケランジェロの "ジュピター"  堂々として美しく、感激しました。

 サン・ロレンツォ教会とメディチ家礼拝堂
c0051143_23584576.jpg

 ヴェッキオ宮殿に向かって移動。
 シニョーリア広場の ランツィのロッジャ
c0051143_014423.jpg

 ロッジャの中に置かれた彫刻
c0051143_024771.jpg

 ヴェッキオ宮殿  正面です。
c0051143_04645.jpg

 入館を待つ人で賑わっています。
c0051143_05720.jpg

 ミケランジェロの "ジュピター" レプリカが立っています。ここでは写真撮り放題。
c0051143_071377.jpg

 宮殿内部  豪華な天井飾り
c0051143_083969.jpg
c0051143_085892.jpg

 ヴェロッキオ作 イルカを抱くキューピッド
c0051143_094739.jpg

 聖母子
c0051143_0104547.jpg
c0051143_011233.jpg

 ウフィッツイ美術館への渡り廊下  右側が美術館の建物です。
c0051143_0124629.jpg

 アルノ川側から見た ウフィッツイ美術館  突き当たりの橋がベッキオ橋
c0051143_0153947.jpg

 ウフィッツイ美術館は、相当の混雑が予想されましたので、旅の出発前に日本から予約して
 置きました。日時さへハッキリしていれば、予約出来るサイトがあるのです。
 お陰で、長蛇の列に関係なくすぐに入館でき、タップリ4時間も、楽しい興奮の時を過ごしました。
 さすがに疲れましたので館内の Bar (喫茶・軽食の休憩所) で一休み。
 Bar から見たヴェッキオ宮の鐘楼
c0051143_025076.jpg

 イタリアスズメ が寄って来て、慰めてくれました。
c0051143_0255956.jpg

 これで予定された観光は、全部 消化したことになります。
 いささか疲れましたが、充実した旅でした。
 長い間お付き合い下さいまして、ありがとうございました。

by cazu88 | 2010-09-24 23:48 | 10中部イタリア小さな村めぐり | Comments(7)
2010年 09月 24日

フィレンツェー1

 7/31 お昼前にフィレンツェに着きました。
 街の入り口
c0051143_0111353.jpg

 サンタ・マリア・ノヴェッラ教会 教会の近くのホテルに荷物を置き・・・
c0051143_013310.jpg

 昼食を済ませた後は、自由行動になりました。ツアー参加者の中で、フィレンツェが初めて
 というお上りさんは、我が家の二人だけで、皆さん、それぞれに行きたい所があったのです。
 入館の大行列に並ぶゆとりはありませんが、取りあえず、ドゥオモを目指しましょう!!
 洗礼堂と大聖堂 が見えて来ました。
c0051143_0201089.jpg

 花の大聖堂(花のサンタ・マリア大聖堂)  1296年から175年かけて造られた大聖堂。誠に優美華麗!!
c0051143_022239.jpg

 鐘 楼  ジョットの作
c0051143_0234166.jpg

 クーポラ
c0051143_0242999.jpg

 洗礼堂の黄金の門  
c0051143_0255064.jpg

 サン・マルコ美術館   かつてのサン・マルコ修道院が美術館として公開されています。
c0051143_030195.jpg

 ここで大きな失敗に気づかされました。美術館の中は当然のこと、撮影禁止。
 目立たない小さなコンデジなら大目に見て貰えますが、私の持って行ったのは少し厚みのあるタイプ。
 どうにも取り出し難く、思うようには撮れないハメになりました。残念ですが仕方ありません。
 捨て子養育院  旧修道院からほど近い所にあります。
c0051143_0511220.jpg

 昔の修道士さんに代わって、現在はユニセフが運営しているようです。
c0051143_0522265.jpg

 柱の上部飾り 「受胎告」のようです。
c0051143_053571.jpg

 中庭に置かれていたバスタブ  なんと、赤ちゃんポストのような制度もあったそうです。
c0051143_0543962.jpg

 なんとか盗み撮りした・・・
 フィリッピーノ・リッピ「聖家族」
c0051143_0553033.jpg

 ドメニコ・ギルランダイオ「三王礼拝」
c0051143_0555231.jpg

 ホテルへ戻る途中で見た、ちょっと気になる
 電気自動車  (多分、一人乗り) 前が二輪、後ろは一輪の三輪車
c0051143_0582656.jpg

c0051143_0584734.jpg

 観光馬車の行き交う街の真ん中まで帰りました。
c0051143_101530.jpg

この日の詳細はこちら をご覧下さい。

by cazu88 | 2010-09-24 23:35 | 10中部イタリア小さな村めぐり | Comments(6)
2010年 09月 21日

プラート

 7/31 昨夜の野外オペラが、だらだらと長引いて、今日の日付になってからホテルに戻りましたので
 今朝は遅い出発です。10時過ぎ、漸く最終目的地・フィレンツェへ・・・
 でも、まだ途中で寄り道します。

 プラート  トスカーナ州プラート県の県都へ向かいます。
 バスの窓にドロミテ風の岩山が見えて来ました。だいぶ北上して来たことになります。
c0051143_17453278.jpg

 プラートに着きました。トスカーナの青い空!!
c0051143_17462723.jpg

 街の様子を示す地図。地面に埋め込まれています。ここも城壁に囲まれた街であることがわかります。
c0051143_174837.jpg

 街の象徴の彫刻が、出迎えてくれます。
c0051143_1749889.jpg

 サンタ・マリア・デッレ・カルチェリ教会
c0051143_17503648.jpg

 皇帝の城  1237~48 年にかけてフリードリッヒ2世によって造られました。
c0051143_17523027.jpg

 コムーネ広場  右側は市庁舎
c0051143_1753231.jpg

 プレトリオ宮殿  13世紀の赤煉瓦と、後期ゴシックの白い石の組み合わせで出来ています。
c0051143_17554716.jpg

 ドゥオモ (大聖堂)  フィリッポ・リッピのフレスコがで有名ですが・・・省略しましょう。
c0051143_17574123.jpg

 正面の飾り
c0051143_17581298.jpg

 周りをフレスコ画で埋め尽くされた祭壇
c0051143_1759186.jpg

 聖母子
c0051143_18018.jpg

小さな祭壇
c0051143_1802530.jpg

 お店のショーウインドゥーの中で咲いていたサボテンの花
c0051143_181306.jpg

 ルネッサンスの花の都・フィレンツェは、もうそこです。

by cazu88 | 2010-09-21 18:07 | 10中部イタリア小さな村めぐり | Comments(3)
2010年 09月 20日

ピ サ

 いよいよ「世界七不思議の一つ」といわれるピサの斜塔を見に行きます。

 牧草地  大きなロールが幾つも出来上がっています。
c0051143_084888.jpg

 糸杉の並木
c0051143_092244.jpg

 ピ サ  に到着しました。ここも堅固な城塞都市です。
c0051143_0105215.jpg

 門をくぐって街に入りますと、なんと!! 世界中からの観光客が溢れています。
c0051143_0121430.jpg

 手前から 洗礼堂、大聖堂、斜塔 が見えて来ました。
c0051143_0134526.jpg

 有名な ピサの斜塔  見る場所によって傾き方は違って見えます。
c0051143_0153139.jpg
 
 見学入り口の行列
c0051143_0161639.jpg

 行列の後ろは 大聖堂 (ドゥオモ)
c0051143_0214786.jpg

私たちは、予約してあったので待たずに入れました。塔のテッペンまで登ってみることにしました。
 300段近い螺旋階段だとか・・・
 塔の上から見た 大聖堂  十字の形の建物であることがわかります。
c0051143_0241855.jpg

 この斜塔が何のために建てられたのか? 不思議に思っていましたが、上まで登って納得。
 鐘楼だったのですね。
c0051143_026733.jpg

 円形の建物に沿って複数の鐘が取り付けられています。今はもう鳴らさないそうですが・・・
c0051143_0274776.jpg

 ピサの町並みが美しい・・・
c0051143_0284313.jpg

 観光用の乗り物
c0051143_0293898.jpg

c0051143_030341.jpg

 見かけた車
 電気自動車
c0051143_03122.jpg

 警察の車  観光客が多いので、おマワリさんも沢山出ていました。
c0051143_0322819.jpg

 この後、いったんホテルに戻って一休み。早めの夕食を戴いて、夜は郊外の
 トッレ・デル・ラーゴ・プッチーニ湖畔で開かれた野外オペラ「トスカ」を鑑賞。
 プッチーニ財団の主催する56回も続いている催しだから、随分 期待し楽しみにしていたのですが・・・
 ガッカリして写真はありません。満月と金星が大接近で、お膳立ては満点だったのに・・・
 まぁ、こんなこともありますよね。夜半1時過ぎて、やっとホテルに帰り着きました。あぁシンド!!

by cazu88 | 2010-09-20 23:28 | 10中部イタリア小さな村めぐり | Comments(7)
2010年 09月 19日

ルッカ

 イタリア・オペラの大作曲家プッチーニの生まれた街ルッカへは7/30 午前中に行きました。
 街を取り巻く城壁が完璧な形で残っているといわれますが、航空写真ででもない限り
 上手く撮れません。
 
 プッチーニの銅像  街の広場にドーンと!
c0051143_23334752.jpg

 プッチーニの生家
c0051143_23342842.jpg

 サン・ミケーレ・イン・フォロ教会  ピサ様式のファサードが目立ちます。
c0051143_2336241.jpg

 守護天使の像
c0051143_23365278.jpg

 堂内の聖母子  ジュリアーノ・ディ・シモーネの作と伝えられています。
c0051143_2339974.jpg

 ドゥオモ (大聖堂)  少し雰囲気が変わって来ましたね。
c0051143_23403373.jpg

 壁の彫刻
c0051143_234120100.jpg

 街の普通の建物のドア


c0051143_23433354.jpg


c0051143_2344248.jpg


 ここまで来ると急にピノキオが人気です。


c0051143_23454240.jpg


c0051143_23462449.jpg

 パン菓子のお店は小人
c0051143_23473817.jpg

 靴屋の大バーゲン  イタリアの靴、欲しがる人は多かったのですが、時間不足で買い物はムリ!


c0051143_23494076.jpg


c0051143_23514093.jpg

 ファッションのお店は、もうすっかり冬モード。


c0051143_2353210.jpg


c0051143_23534336.jpg


 大急ぎで次の街。ピサの斜塔のピサへ向かいます。

by cazu88 | 2010-09-19 23:55 | 10中部イタリア小さな村めぐり | Comments(2)
2010年 09月 18日

サンジミニャーノ

 「塔の街」といわれるサンジミニャーノも、また分厚い城壁に守られた丘の上の街です。
 城 壁
c0051143_23345187.jpg

 このから入ります。向こうにもう塔が見えています。
c0051143_23361772.jpg

 塔のある家  塔を持つ、というのがこの街ではステイタスだった時代があったとか・・
c0051143_23381517.jpg

 どんどん高くなり、ここまでになると、もう住まいではなく倉庫などに使われたようです。
c0051143_23394444.jpg

c0051143_23565479.jpg

 古い井戸  大聖堂前の広場の中心に、大事に保存されています。
c0051143_23411539.jpg

 訪ねたこの日。街は市がたって大賑わい。


 ハムの切り売り
c0051143_23425968.jpg


 魚 屋   意外に人気があります。
c0051143_23432455.jpg


 八百屋さん
c0051143_2344490.jpg


c0051143_23443998.jpg


 大道芸人のパントマイム  市の日ですから、こんなのも現れます。
c0051143_23461996.jpg

 ケッパーの花  ここでも沢山咲いていました。
c0051143_2347243.jpg
c0051143_23474496.jpg

 ブルー・ファンフラワー
c0051143_19333966.jpg

 ヒマワリ畑と風力発電 バスの窓から眺めながら、山越えをして次の街ルッカへ。
c0051143_2349554.jpg
c0051143_23501267.jpg


by cazu88 | 2010-09-18 23:53 | 10中部イタリア小さな村めぐり | Comments(6)
2010年 09月 18日

シエナのホテル周辺

 城壁の外、交通の便の良いところにあるホテルに泊まりました。
 朝、周りを少し散歩しました。
 オリーブの古木  ホテルのエントランスに何本か植えられていました。
              まるでオブジェのようです。オーナーが南イタリアから取り寄せたそうです。
c0051143_23205089.jpg
c0051143_23211299.jpg

 古木ながら、実も付けていました。
c0051143_23221722.jpg

 周辺に咲いていた花たちです。


c0051143_23243512.jpg


c0051143_2325721.jpg


c0051143_23254050.jpg


c0051143_2326847.jpg


c0051143_23264651.jpg


c0051143_23271974.jpg


c0051143_23275978.jpg


c0051143_23282790.jpg


 塔の街サンジミニャーノの観光に出かけます。

by cazu88 | 2010-09-18 23:30 | 10中部イタリア小さな村めぐり | Comments(1)
2010年 09月 17日

シエナ

 シエナもまた、堅固な城壁に囲まれた丘の上の街です。なぜ丘の上なのでしょう?
 中部イタリアはつい150年ほど前、イタリアとして統一されるまで15~6の小国が並立。
 攻めたり攻められたり、取ったり取られたりを繰り返していたそうで、街を守るためには
 丘の上が何より。一説には、当時大発生していたマラリア蚊から逃れる目的もあったとか・・・ 

 分厚いシエナの城壁
c0051143_23333671.jpg

 遙かの丘の上にドゥオモと王宮の塔が見えます。
c0051143_23352085.jpg

 坂道を上り下りして・・・
 洗礼堂 に着きました。かつては洗礼を受けた人だけが大聖堂に入れたのだそうです。
c0051143_23385192.jpg

 洗礼盤 全体デザインは ヤコボ・デッラ・クエルチャ
          銅板      ロレンツォ・ギベルティ
          彫刻      ドナテッロ         
c0051143_23422130.jpg

 ドゥオモ (大聖堂) ここも壮麗な建物です。
c0051143_234420100.jpg

 床の大理石画  ここの一番の特徴。色の異なる大理石を組み合わせ、象眼細工のようにして
            描きあげた宗教画です。
c0051143_2348583.jpg
c0051143_23482234.jpg
c0051143_23484585.jpg

 埋め尽くされた フレスコ画と彫刻
c0051143_2350975.jpg
c0051143_23503028.jpg
c0051143_23505448.jpg

 説教壇  中世イタリア彫刻の粋を見せる名作とか・・・
c0051143_23533729.jpg

 ステンドグラス
c0051143_23543394.jpg

 もう、教会に食傷しましたね。
 カンポ広場 へ急ぎましょう。
 時計塔のあるブッブリコ宮殿は、現在、市庁舎になっています。
c0051143_2356670.jpg

 広場の地下は大貯水池になっているそうです。丘の上の街、どこでも水の確保には苦労したようで
 この街では地下に鍾乳洞をみつけ、浄水技術を駆使して出来上がったのが
 ガイアの泉 歓喜の泉の意味です。
c0051143_024948.jpg

 アレレ!! ライオンさん、随分甘く見られていますね
c0051143_03541.jpg

 レストランの呼び込み人形  さしあたりイタリア版食い倒れ太郎でしようか・・・
c0051143_064141.jpg


by cazu88 | 2010-09-17 23:26 | 10中部イタリア小さな村めぐり | Comments(8)
2010年 09月 16日

アレッツオ

 シェナからバスで一時間ほど離れた所にある街
 アレッツオ  バスの窓から見えて来ました。
c0051143_23365737.jpg

 この街が生んだ音符の発明者ヴィード・モナコの像
c0051143_2338457.jpg

 羊皮紙で作られた当時の楽譜  4線譜で、綺麗に装飾されています。
c0051143_23453011.jpg

 グランデ広場  この街へ寄った理由の一つは、この広場が映画の撮影に使われたこと。
           因みに映画はロベルト・ベニーニ監督の「ライフ イズ ビューティフル」
c0051143_23423856.jpg

 この街にも立派なトゥオモがあり・・・
c0051143_2347092.jpg

 パイプ・オルガン
c0051143_23473321.jpg

 フレスコ画
c0051143_2348973.jpg

 彫 刻
c0051143_23484566.jpg
c0051143_2349895.jpg

 ヴァザーリ大回廊
c0051143_23501795.jpg
c0051143_23503820.jpg


by cazu88 | 2010-09-16 23:52 | 10中部イタリア小さな村めぐり | Comments(3)
2010年 09月 14日

ブオンコンベント

 ピエンツアを出て、ワインの名産地モンタルチーノで美味しいワインで昼食。
 さて見物に出発する頃、急に空模様が怪しくなって来た、と思ったら雷と土砂降りの雨!
 観光はパスして移動。雨が小止みになったのを見計らって、運転手さんが「ここも良い街だよ」
 と勧めてくれたのが、城壁に囲まれた小さな街
 ブオンコンベント
c0051143_23133097.jpg
c0051143_23135861.jpg

 メイン・ストリート   一目で見渡せるほどです。
c0051143_231572.jpg

 塔のある教会
c0051143_23154392.jpg

 ちょっと面白い旗
c0051143_2317520.jpg

 一わたり街をぶらついたり、お店をのぞいたり、お土産を買ったりしてバスへ戻る途中・・
 古い井戸 を見つけました。1857 年に作られたもののようですね。
c0051143_23195632.jpg

 現在は水道設備が整っていますが、かってはコミュニティにとって大事な水だったのでしょう。
c0051143_23211843.jpg

 井戸を取り巻いて綺麗な花壇になっていました。


c0051143_2322556.jpg


c0051143_23233574.jpg


c0051143_23241754.jpg


c0051143_23252498.jpg


c0051143_2326889.jpg


c0051143_23271270.jpg


c0051143_23284648.jpg


c0051143_23295198.jpg


c0051143_23303848.jpg



 特に珍しい花があったわけではありませんが、久しぶりに花に出会えて嬉しくなり
 ついつい沢山撮ってしまいました。
 シエナまで走って、ようやく一日が終わりました。

by cazu88 | 2010-09-14 23:34 | 10中部イタリア小さな村めぐり | Comments(4)