風に吹かれて

cazu88.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:08北海道旅行( 21 )


2008年 09月 05日

道東の旅ー5、硫黄山~霧の摩周湖

 三日目の朝、外を見ると、あれっ! 雨、降ってない!
 曇り空でも、傘を開く必要がない、だけで嬉しい出発です。

 硫黄山  昨夜の川湯温泉が硫黄泉なのも、この山が源にあるからとか・・・
        もうもうと噴煙を上げています。
c0051143_22415240.jpg

 近づいて行くと、強烈な臭い!!
c0051143_2243952.jpg

 さて、いよいよ、幻の、霧の、あの湖へ向かいます。
 摩周湖
c0051143_22451532.jpg

 やっぱり霧で、湖面は定かではありません。
c0051143_22465847.jpg

 看板など撮っていると・・・
c0051143_2248095.jpg

 「晴れて来たぁ!」の声!
c0051143_2249074.jpg

 湖面が見えて来ました。伝説のカムイシュ島も姿を見せました。
c0051143_22494970.jpg

 サワヒヨドリの花越しに、湖がブルーの色に!!
c0051143_22533751.jpg

 もう、感激!!! です。摩周湖・ありがとう の心境でした。

 10分ほどもすると、またもや霧が出て来ました。
c0051143_22571642.jpg

 この辺りで見た花
 サワヒヨドリ
c0051143_22581886.jpg

 オオイタドリ
c0051143_22592415.jpg
c0051143_22594767.jpg

 アジサイの仲間
c0051143_231253.jpg

 オンタデ
c0051143_231531.jpg

 エゾタンポポ
c0051143_2324150.jpg

 ヤマハハコ
c0051143_23105313.jpg
c0051143_23112068.jpg

 ニガナ
c0051143_23121330.jpg

 初めて訪ねて、摩周湖が見られた! そのことだけで、もう、大満足。
 名残りは尽きませんが、バスの集合時間です。
 ずっと付き合ってくれたバスの
 キタキツネのお守り
c0051143_23173261.jpg

 雨にたたられっぱなしだった二泊三日の「道東の旅」。
 終わりよければ、全てよし、で帰りの飛行機に乗りました。
 ひどい画ばかりの旅行に、長々とお付き合い戴き、ありがとうございました。

by cazu88 | 2008-09-05 23:28 | 08北海道旅行 | Comments(10)
2008年 09月 04日

道東の旅ー4、知床峠と五湖、オシンコシンの滝、屈斜路湖

 北海シマエビのおいしいお昼を戴いた後、いよいよ知床へ向かいました。
 が、たどり着いた峠は・・・やっぱり雨と霧の中。

 知床峠
c0051143_23105747.jpg

 11年前、羅臼岳登山に来た時、峠は晴れて360゜見渡せたのですが・・・正面は羅臼岳。
c0051143_2315163.jpg

 これからのルートを地図で見て戴きます。
c0051143_23161036.jpg
c0051143_23163167.jpg

 バスの窓越しに エゾシカ
c0051143_23485311.jpg

 知床五湖 降り続く雨。足下もぬかるんで危ないので、一湖へだけ行くことになりました。
c0051143_23202068.jpg
c0051143_23204317.jpg

 この看板は11年前と同じです。
c0051143_23212629.jpg

 一湖・湖畔
c0051143_2322439.jpg

 湖面に映る知床連山が素晴らしい筈なのですが・・・
c0051143_23231046.jpg

 二湖へ向かう人々。登山靴ならばヘイキで回れます。
              二湖へ行くとサワギキョウが咲いているのですが・・・残念!
c0051143_23244043.jpg

 この辺り、ハンゴンソウ が沢山咲いていました。
c0051143_23261284.jpg
c0051143_23263676.jpg

 カニコウモリ
c0051143_23273140.jpg

 大急ぎの知床五湖見物でした。晴れた日に、もう一度ゆっくり五湖巡りをしたいです。
c0051143_23284070.jpg

 オシンコシンの滝 知床きっての名所。
c0051143_2331983.jpg
c0051143_2331375.jpg

 滝のしぶきなのか、雨なのか、ずぶ濡れです。
 咲いていたのは キツリフネ もう秋の花です。
c0051143_23341679.jpg

 屈斜路湖 オホーツクラインをひた走って夕暮れの湖に到着。
c0051143_23361577.jpg

 足もとの砂を掘れば、温泉がわき出すそうですが、土砂降り状態では誰も試す人もなく
 バスに逃げ帰り、宿舎の川湯温泉へ無事に着いたときには、もうヘトヘト・・・
 硫黄泉に疲れを癒して貰いました。

by cazu88 | 2008-09-04 23:43 | 08北海道旅行 | Comments(4)
2008年 09月 03日

道東の旅ー3、トドワラの野付半島

 二日目、雨の朝です。お天気に関わりなく予定をこなして行くのがツアー旅行の鉄則。
 バスはひた走ります。

 野付半島
c0051143_23582378.jpg
c0051143_23584321.jpg

 雨の中、渺茫と広がる風景のどこにトドワラと呼ばれるものがあるのか?・・・
c0051143_001110.jpg

 また絵地図の助けを借りましょう。
c0051143_0273944.jpg

 相当な距離がありそうです。たまたま止まっていた観光馬車に乗せてもらいました。
c0051143_03373.jpg

 道産子の逞しい足で約20分、それらしいものが見える所まで来ました。
c0051143_043088.jpg
c0051143_05210.jpg

 トドワラとは、トドマツの立ち枯れを言うのだそうです。
c0051143_061847.jpg
c0051143_064687.jpg

 滅多に姿を見せない聞く馬車が、たまたま働いていてくれて大助かり!!
 が、お天気も手伝って、なんとも寒々しい風景でした。
 この辺りで見かけた花
 エゾフウロ
c0051143_094977.jpg

 エゾノコギリソウ
c0051143_0104057.jpg

 雨に濡れた ハマナス
c0051143_01147100.jpg

 ナナカマドの実 もうこんなに赤くなっていました。
c0051143_0124788.jpg

 ウミミドリ 海水に洗われる湿地にも生きられる植物。小さいツブツブが花だそうです。
c0051143_0144088.jpg


by cazu88 | 2008-09-03 23:54 | 08北海道旅行 | Comments(6)
2008年 09月 02日

道東の旅ー2、風蓮湖から本土最東端・納沙布岬

 霧多布を出た頃から雨が本降りになり、ここから先は傘が手放せなくなりました。
 春国岱を過ぎ、白鳥の来る湖で有名な・・・

 風蓮湖
c0051143_2314557.jpg

 白鳥の来るまでには間がありすぎ、湖も霞んでいます。
c0051143_23163141.jpg

 この辺りで見かけた花
 キンミズヒキ
c0051143_23174771.jpg

 エゾノオオヤマハコベ  花びらの切れ込みが特徴。綺麗な白でした。
c0051143_23191153.jpg
c0051143_23193025.jpg

 エゾノトリカブト
c0051143_2320215.jpg

 ヤナギラン
c0051143_2321773.jpg

 更に走って、ますます雨が激しさを増す頃、やっとたどり着きました。
 本土最東端・納沙布岬
c0051143_2323236.jpg
c0051143_2323546.jpg

 ウミネコの舞う海
c0051143_2325349.jpg

c0051143_23252671.jpg

 北方四島への架け橋を願うモニュメントと祈りの灯
c0051143_23272969.jpg

 霧の中に霞む納沙布岬灯台
c0051143_23284717.jpg

 こんな証明書を戴きました。
c0051143_23293388.jpg

 この辺りで見かけた花
 ヒメシャジン
c0051143_23304093.jpg

c0051143_23305825.jpg

 根室市内まで戻って、ホテルに入り、濡れた靴をぬいでホッとしました。

by cazu88 | 2008-09-02 23:35 | 08北海道旅行 | Comments(6)
2008年 09月 01日

道東の旅ー1、釧路から霧多布

 8月26日から2泊3日で、道東への旅に行って来ました。
 今日の関西の蒸し暑さからは想像も出来ない、涼しいを通り越して薄ら寒いくらいの道東。
 霧と雨の中を、果敢にスケデュールをこなした強行軍ツアーでした。

 釧路空港 大阪・伊丹空港から2時間。降り立った釧路の空港前で。
 32℃の大阪との、この気温差
c0051143_231633.jpg

 空港ビルの前に置かれた歓迎モニュメント
 たんちょう
c0051143_23175417.jpg

 しまふくろう
c0051143_23184090.jpg

 ツアー・バスはまず、釧路湿原を目指しました。
 霧多布、納沙布、野付半島、知床峠、摩周湖と巡る予定です。
c0051143_174054.jpg

 釧路湿原国立公園
c0051143_23202688.jpg

 遠 望  いかにも「霧深き釧路」
c0051143_23241386.jpg

 もう花の時期はすっかり終わっていましたが、この辺りで見た花。
 ムラサキツメクサ
c0051143_2325451.jpg

 ニガナ
c0051143_23262654.jpg

 ハマナス
c0051143_2327888.jpg

 カラマツソウ 遠くてはっきり写っていませんが・・・
c0051143_23281695.jpg

 霧多布(キリタップ)湿原   釧路・サロベツに次ぐ、第三の広さを持つ湿原とか・・
c0051143_2331922.jpg

 名の通り、霧とも小雨ともつかず、冷たいものが降り、茫洋として定かには見えません。
c0051143_23325578.jpg

 ハンゴンソウ が咲くばかり・・・
c0051143_23335542.jpg

 たんちょうの親子 といっても、これは湿原センターの中に置かれた作り物。
             湿原には何番かの丹頂がいるそうですが全く五里霧中で・・・
c0051143_2337154.jpg

 突然、総理大臣辞任!! のニュースが飛び込んで来ました。日本の政界も五里霧中ですね。

by cazu88 | 2008-09-01 23:54 | 08北海道旅行 | Comments(6)
2008年 07月 21日

サロベツ原生花園、稚内空港公園

 利尻山を見たことで、みんな大満足。次の観光ポイントへ移動。
 サロベツ原生花園 20.000ヘクタールに及ぶ自然園です。
c0051143_23161233.jpg
 
 木道が敷かれた歩きやすい道。残念なことにおおかたの花は終わっていました。
c0051143_23133440.jpg

 トキソウ
c0051143_2317465.jpg

 モウセンゴケ
c0051143_2318363.jpg

 名前のわからない木の花
c0051143_23191919.jpg

 カキツバタ
c0051143_23251969.jpg

 ヒメカイウ  花が済んで、実になっていました。ミズバショウの小型のような花なのですが・・
c0051143_23271254.jpg

 稚内空港 急いで着いてみると、なんと! 飛行機は2時間も遅れると !!
c0051143_23304196.jpg

 近くを散歩することにして外に出ました。空港への道路脇に植えられていた花。
 ルピナス
c0051143_23353044.jpg

 ヘメロカリス 花期の終わったエゾカンゾウの代役のようでした。
c0051143_23372516.jpg

 チシママンテマ
c0051143_23383427.jpg

c0051143_23465357.jpg

 ふと見ると、道路の向こうは広々とした草原。そこへ鳥が次々に飛んで来ます。
 声で気づかせてくれたヨシキリ、真っ赤な鳥でビックリしたベニマシコ。
 まさか、鳥との出会いがあるとは思いも寄らないことでしたのでコンデジでは撮れません。
c0051143_23432880.jpg

 サワオグルマ
c0051143_23442497.jpg

 ナワシロイチゴ
c0051143_2346919.jpg

 カキツバタ もともとメグマ湿原だった場所とかで沢山咲いていました。
c0051143_2349031.jpg

 やっと飛行機が到着。関西空港へ向けて飛び立ちました。窓越しに見えたのは・・・
 夕焼け利尻山  もう、言葉もありません!!
c0051143_2351328.jpg

 昼と夜とのあわいに・・・
c0051143_2352357.jpg

 今年の旅はお天気に恵まれず、スッキリした画が撮れませんでした。
 それなのに、自分の思い入れだけで、長々と載せました。お付き合いありがとうございました。

by cazu88 | 2008-07-21 23:57 | 08北海道旅行 | Comments(3)
2008年 07月 21日

再び稚内~浜勇知園地

 名残りは尽きませんが、朝一番のフェリーで利尻島を離れます。
 上天気の利尻山を見に、もう一度来る事が出来ますように・・・

 新造フェリー・サイブリア宗谷
c0051143_22221259.jpg

 ウミネコ も一緒です。
c0051143_2223629.jpg

 午後の飛行機の時間まで、周辺見物です。稚内港を見下ろす恵山泊公園で
 シモツケソウ
c0051143_22262331.jpg

 ノシャップ岬  稚内湾を挟んで、宗谷岬と対する所。
c0051143_22282774.jpg

 灯 台 以前はこの灯台があるだけでしたが、展望公園が出来てバスの立ち寄りポイントに・・
c0051143_22314370.jpg

 ハマナス が綺麗でした。
c0051143_22323447.jpg

 名物ツブツブ・アイス  いろんな味があるのですが、イチゴとチーズ味を食べました。
c0051143_2235278.jpg

 北防波堤ドーム  港の傍にあるこの堂々たる建造物は、かつて樺太(現在のサハリン)へ
             向かう航路のの発着点で、冬、余りに強い風雪を避けるために造られました。
             70本の円柱が427m にわたって建ち並んでいます。
             着工・昭和5年、完成・昭和11年。難工事だったのですね。
c0051143_22404195.jpg

 港の近く、漁協の経営する食堂で、北の味満載のお昼を戴いて、サロベツへ向けて出発。
 途中、雲が切れて、待望の利尻山が見えて来ました。
 海と雲の上に浮かぶ 利尻山
c0051143_2245156.jpg

 浜勇知園地「こうほねの家」の駐車場にバスを停めて貰い、みんな写真を撮りまくりました。
 ネムロコウホネ 
c0051143_230193.jpg

 姿を見せてくれた利尻山に感謝感激でした。

by cazu88 | 2008-07-21 23:13 | 08北海道旅行 | Comments(0)
2008年 07月 20日

利尻島ー2、仙法師海岸から沓形公園

 オタトマリ沼から向かった
 仙法師海岸  雨は降り止みません。岩礁の多い綺麗な海岸の筈ですが・・・
c0051143_2337592.jpg

 囲いの中にいたゴマフアザラシの姿が見えません。何年か前の台風にさらわれたとか・・・
c0051143_2339356.jpg

 晴れていれば、の看板。
c0051143_2343212.jpg

 沓形公園に着きましたが、雨はますます烈しく、バスを下りるのも億劫です。
 売店の傍に植えられていた花。
 ジャコウアオイ
c0051143_23444741.jpg
c0051143_2345848.jpg

 クロユリ
c0051143_23454991.jpg

 エゾスカシユリ
c0051143_23463911.jpg

 やっと会えた レブンソウ
c0051143_2347293.jpg

 リシリヒナゲシ
c0051143_23484164.jpg

 利尻島にも温泉が湧いたそうで、町営の温泉付きホテルに泊まりました。

by cazu88 | 2008-07-20 23:51 | 08北海道旅行 | Comments(2)
2008年 07月 19日

利尻島ー1、姫沼とオタトマリ沼

 慌ただしい礼文島観光を終えて、午後のフェリーで利尻島へ向かいます。
 「利尻は礼文に見て貰ってこそ幸せ」と、前回来た時に聞きましたが、とうとう礼文から
 利尻山の雄姿を見ることはかないませんでした。
 約50分の短い船旅で
 利尻島・ペシ岬灯台 が見えて来ました。あの向こう側が鴛泊港です。
c0051143_23325949.jpg

 姫 沼  どの観光バスも真っ先に寄る観光ポイント。名の通りこぢんまりした沼。
       木道も新しく敷かれて歩きやすくなっていました。
c0051143_23374295.jpg

 吊り橋を渡ってコースをたどります。
c0051143_23383994.jpg

 向こう岸近くに白い鳥が沢山群れているのですが、カモメかな?
c0051143_2340260.jpg

 ここで見た花
 エゾアザミ
c0051143_2341520.jpg

 ツルアジサイ  大きな木に巻き付いて、白い花をたくさん咲かせていました。
c0051143_23422958.jpg

c0051143_23424923.jpg

 オニシモツケ
c0051143_234353100.jpg
 
 ヨツバヒヨドリ  まだ蕾でした。
c0051143_23445718.jpg

 名前のわからない ユ リ
c0051143_23323161.jpg

 利尻島は丸い島。時計回りに進んで次は
 オタトマリ沼 姫沼より大きく、一周1.5kmほど。ここには木道はありません。
          雨は酷くなるし。ぬかるんでくるし・・でも歩きました。森林浴をしただけ。
c0051143_2349432.jpg

 マツヨイグサ も咲く薄暗さです。
c0051143_23512389.jpg

 ヒオウギアヤメ
c0051143_23521163.jpg
c0051143_23523134.jpg

 キショウブ  入り混じって咲いていました。
c0051143_23542795.jpg

 山があってこその利尻。この10日間、まったく山を見ていない、と地元の方も嘆いていました。

by cazu88 | 2008-07-19 23:23 | 08北海道旅行 | Comments(4)
2008年 07月 18日

礼文島ー3、スコトン岬

 スカイ岬からバスは更に北上して
 礼文島最北端・スコトン岬 に着きました。また雨が降って来ました。
c0051143_038150.jpg

 岬の突端。沖に浮かぶのは海馬島(通称・トド島)
c0051143_040658.jpg

 岩礁の縁が赤茶色になっているのは、海藻が付着して変色したものとか・・・
c0051143_042195.jpg

 この辺りで見た花
 ヨツバシオガマ
c0051143_044342.jpg

 オオミミナグサ
c0051143_0453950.jpg

 タカネナデシコ
c0051143_047887.jpg

 雨は降り止まず、足下はぬかるみ、バスの集合時間は迫る・・・
 で、思いを残しながらスコトン岬=礼文島に"さよなら"して香深のターミナルまで戻りました。
 ここでお昼を戴き、食後のコーヒーを探して入ったお店の前。
 利尻・礼文の花を集めて植え込みを作ってくれていました。ありがたい!!
 レブンハナシノブ  たった一輪咲き残って・・・
c0051143_0551452.jpg

 レブンウスユキソウ  これぞ礼文を代表する花。エーデルワイスの仲間です。
c0051143_0564349.jpg

 チシマゲンゲ  もう咲き終わっていたレブンソウによく似ています。
c0051143_0582743.jpg

 チョウノスケソウ
c0051143_0591697.jpg

 チシママンテマ
c0051143_10232.jpg

 アルメリア
c0051143_111728.jpg

 トチナイソウ?
c0051143_121622.jpg

 これから行く利尻島を代表する花もありました。
 リシリヒナゲシ  利尻山九合目まで登らないと見られない花が、こんなところに!?
c0051143_143031.jpg

 リシリソウと一緒に
c0051143_153123.jpg

 リシリソウ
c0051143_161870.jpg

 前回、礼文島へ来たときは、スコトン岬から南の元地郵便局前まで38km8時間コースを
 花を撮りながら10時間かけて歩き、様々な花との出会いを楽しみました。
 ハマナスと深山の花・ウスユキソウが入り混じって咲いている、なんてのは礼文ならでは・・
 今回は、自由の効かないツアー・駆け足旅行。おまけに雨と霧。欲求不満ではありますが
 それでもやっぱり、ここまで来る体力の残っている間に来て良かった!! と思いました。

by cazu88 | 2008-07-18 23:34 | 08北海道旅行 | Comments(4)