風に吹かれて

cazu88.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 05月 04日

六甲高山植物園への道

 六甲ケーブル山上駅から約2.5km の道は、稜線まで多少の登りはありますが、
 いつ行っても楽しいところです。
 まず迎えてくれたのが
 ヤエザクラ 山の上は青空ですのに、海の方は霞んで見えません。
c0051143_2061257.jpg

 暫くは別荘地の中を通り、杉木立と新緑が美しい登り道
c0051143_2083847.jpg

 アオキ の雄花
c0051143_2093743.jpg

 雌花
c0051143_20101657.jpg

 木立の下でムラサキケマン
c0051143_20111812.jpg

 六甲全山縦走路に出ると、足もとには一ヶ月ほど前の花々がワンサカ咲いています。
 オオイヌノフグリ と ハコベ
c0051143_20142196.jpg

 ヒメアギスミレ
 
c0051143_20152738.jpg

 今までニョイスミレと思っていましたがニョイスミレ属のヒメアギスミレとした方がいいようです。
c0051143_22114785.jpg

 タチツボスミレ
c0051143_22125945.jpg

 アセビ 縦走路ではこんな大木をよく見かけます。
c0051143_2214343.jpg

 モミジイチゴ 別名・キイチゴ(黄苺)
c0051143_2216034.jpg

 懐かしい感じさへする オオシマザクラ
c0051143_2217113.jpg

 カキドオシ
c0051143_2218235.jpg

 ヒメオドリコソウ
c0051143_22185058.jpg

 ヤマザクラ チラホラ花が残っています。
c0051143_22195887.jpg

 
c0051143_22202050.jpg

 漸く植物園入り口に到着。 ケマンソウ 別名・タイツリソウが迎えてくれました。
c0051143_22215287.jpg


by cazu88 | 2007-05-04 22:25 | 風景 | Comments(8)
Commented by yoko_f211 at 2007-05-04 23:55
高山植物園、澄んだ空気が感じられます。
スミレもいろんな種類が咲いてるのですね。
3・4枚目の「アオキ」うちにもあるのですが、何て言う名前なんだろう?
と思っていましたがやっと長年のモヤモヤが晴れました!
雌雄異株なのですね。うちのは雌株です。赤い実が生りますよね?
あ~、スッキリしました♪
Commented by mirionn at 2007-05-05 08:36
アオキのお花は初めて見ました
いつも赤い実ばかりでお花は見てませんでした
ほんと時間が1ヶ月後戻りしたようですね
ほんとにスミレも種類が多いですね
Commented by よしとう at 2007-05-05 08:42 x
お天気、なんとか持ち直してくれそうですね。
いい端午の節句になりそうです。
六甲山って一度しか行った事ありませんが、今がいい季節でしょうね。
モミジイチゴ 別名・キイチゴ(黄苺)って(木苺)って変換されるので、「木」だと思っていました。
Commented by おおた at 2007-05-05 08:55 x
山上駅から2.5kmの道のりを歩かれたんですね。
大変ではなかったですか?
最後のタイツリ草がとても可愛いですね。
Commented by cazu88 at 2007-05-06 00:15
yoko さん、こんばんは。連休で下界の排気ガスも山上までは届かず、
いい空気イッパイ吸って来ました。アオキは、お庭によく植えられています。
そうです。雌株には、秋になると赤い楕円形の(長径2センチくらい) の実
がなります。よく目立ちますよね。
Commented by cazu88 at 2007-05-06 00:19
mirionn さん、こんばんは。アオキの雄株を探して、去年は右往左往
しましたが、山では、すぐ側にあって呆気ないくらいでした。
気温が随分違いますから、季節も逆戻りです。スミレもいろいろありますね。
Commented by cazu88 at 2007-05-06 00:23
よしとうさん、こんばんは。なんとか「子供の日」いっぱい、お天気持ちこたえて
くれました。六甲山は神戸のすぐ裏山ですから、市民は気軽に登ります。
いい山ですよ。モミジイチゴは実が黄色っぽいというか、オレンジ色に近い
色ですので黄苺。でも、甘い実ですよ。
Commented by cazu88 at 2007-05-06 00:28
おおたさん、こんばんは。つい最近まで、六甲山は歩いて登る山でした。
さすがに、もうケーブルのご厄介になりますが、山上は歩き慣れた道ですから
どうと言うほどのことはありません。気持ちいいですよ。ずっとタイツリソウ
と言って来ましたが、NHK の「趣味の園芸」の時間で、ケマンソウまたの名
タイツリソウと言っていましたので、表示を変えました。


<< 六甲高山植物園ー1      カタクリ、エゾエンゴサク、ミズ... >>