風に吹かれて

cazu88.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 06月 01日

赤い花白い花、ホタルブクロ、シモツケ、マツバギク

 六月、暑い日で始まりました。晴れている筈なのに空はスッキリせず、
 水蒸気の多い空気がネットリと重い、もう梅雨 間近かを感じさせられる日でした。
 一日だからではありませんが、いつの間にか赤白のある花が貯まっていました。

 ホタルブクロ
c0051143_22304217.jpg

c0051143_2231129.jpg

   うなだれて 蛍袋は雨ぎらひ   嶋崎 たてき
c0051143_22325487.jpg

 シモツケ シモツケは木です。草のシモツケソウと大変よく似ています。
c0051143_22342729.jpg

c0051143_22345659.jpg

 マツバギク お日様を受けて光りを弾き返し、夏だよ~と教えてくれます。
c0051143_22384544.jpg
c0051143_2239754.jpg

 白い花の所へ移動する間に、通り雨が来て、花びらが少し濡れました。
c0051143_2241423.jpg

c0051143_22412818.jpg

 おまけ ヒメマツバギク 今年 出て来た矮性化された品種です。
c0051143_22433089.jpg

c0051143_2243599.jpg

 ヒメマツバギクの直径は5円玉くらい、可愛いです。

by cazu88 | 2006-06-01 22:51 | 植物 | Comments(6)
Commented by jko at 2006-06-02 00:06 x
ご無沙汰しています。
どの花も何か話しているような そんな感じがします。
いつも思うんですけど、光がすごく素敵です。
今日の写真では
一番下のヒメマツバギクが恥じらう乙女のようで可愛いですね。

通り雨の後、さっと日が差して、それをカメラに納めるcazuさん・・・・
お姿が目に浮かびます。

6月に入りこの辺りでは、毎日ウグイスと蛙が昼夜交代で頑張っています。
家庭録音もままなりません。
Commented by cazu88 at 2006-06-02 11:53
jko さん、こんにちは。お久しぶりです。相変わらず、お忙しいことでしよう。
見て戴いてありがとうございます。こちらも相変わらずの生活ですが、
もうすぐ、こちらへ来て5年になります。さすがに老化の進みは止めどなく
いろいろな事が、出来にくくなって来ています。それでもまぁ、なんとか
ブログだけは毎日更新を心がけて、少しでも歯止めになれば・・と儚い
望みを懸けていますが、いつまで保ちますことか、心許ないことです。
先日、山でウグイスとホトトギスの鳴き声、協奏で聞かせてくれました。
気分スッキリになれました。南茨木へ移った当時、ヒバリとカエルで
寝不足になるよ~と言っていたこと、思い出しました。
Commented by none33 at 2006-06-02 20:25
cazusannとこもどんどんお花が咲き競って・・・
追っかけるの大忙しですね(^^ )
ホタルブクロはつぼみもとっても可愛いですねぇ、
シモツケの純白は始めて見ました。 どんなお花にも白はあるんですね。
お日様に輝くマツバギク、素敵にきれいに撮れています!
ヒメマツバギクは今年の新種ですか。。。早く会ってみたいです(^^♪
Commented by simanami04 at 2006-06-02 21:04
こんばんわ。
ホタルブクロ、好きな花ですが、今年はまだ見つけられません。
白いホタルブクロ、白いシモツケの花、綺麗ですねぇ。
cazuさんは白い花を綺麗に撮影されますね。いつも羨ましく拝見しています。
一番下のヒメマツバギクのお写真、ちょっと変わった撮影をされていませんか?。
とても綺麗です。
Commented by cazu88 at 2006-06-02 23:53
none さん、こんばんは。そうなんです。すること、なす事、ノロマになって
能率悪いのに、こんなに追い上げられてはタイヘンです。マツバギクの
白いのは、一カ所だけ、植えられていますので、雨が降って来てもそこまで
行かないことにはどうにもならなくて・・・水分補給されて花びらもピンと
元気になってくれていて、嬉しかったです。
ヒメマツバギク、ちっちゃくて、可愛いですよ。ぜひ、見つけて下さいね。
Commented by cazu88 at 2006-06-03 00:08
simanami さん、こんばんは。ホタルブクロは、名の通り、蛍の飛び交う
頃に咲く花でしょうに、ここでは何もかも早くて、季節感が狂ってしまいます。
オニシモツケという白い花が山にはありますが、ここのは園芸種なのでしょう、
オニとは似ても似つかぬ優しいシモツケのシロバナでした。
変わった撮影もなにも、私の方は、いわゆるコンデジ一つで何もかも
賄おうという厚かましさですから、全くカメラ任せ、無責任なものなんです。
左手首を骨折して以来、どうしても支える力が足りませんので、重い
眼デジはとても無理。まぁ、出来る範囲で楽しもう・・で、simanami さん
のように本式に機材を整える事もせず、申し訳ないことです。


<< ノッポさん、トリトマ、アカンサ...      木の花、トベラとクロマツ(黒松... >>