2017年 04月 14日

35年ぶりの墓参り、烏原水源地、石井川の桜

 実に35年ぶりに実家の墓参りに行って来ました。墓地に行く順路も忘れてしまっていますので
 17.5歳年下の末の弟に付き添って貰いました。お蔭様で青空と暖かさに恵まれ良い墓参が出来ました。

 35年ぶりの墓参り   六甲山系の中でも急傾斜で知られる菊水山の東中腹。
 急な坂道、六地蔵に出迎えられた奥にある墓地。
c0051143_23465519.jpg

 神戸市の大規模霊園とは異なり、地域の人々に守られてきた小ぢんまりした墓地です。満開の桜・桃、若い緑に囲まれて・・・
c0051143_23491269.jpg

 はるか下に神戸港のシンボル、ポート・タワーも春霞の中に見えています。
c0051143_23503170.jpg

 美しい桜。ウグイスが良い声で囀ります。良い場所です。安らかに眠ってほしい・・と祈りました。
c0051143_23525932.jpg

 振り返って見た桜
c0051143_23533492.jpg

 ヤマブキ (山吹)   帰り道、目に飛び込んで来た強烈な黄色。もう満開なのでした。
c0051143_23545680.jpg
c0051143_235529.jpg
c0051143_2355856.jpg

 烏原水源地「水と森の回遊路」   父が亡くなる三か月前まで毎日登山に行っていた所。
 弟が「寄って行こうか? 」と誘ってくれましたので、ホイホイ乗りました。
c0051143_23585397.jpg

 カエデ (楓)若葉の下を通って…
c0051143_23594692.jpg
c0051143_23595573.jpg

 水源地に到着
c0051143_002092.jpg
c0051143_002926.jpg

 沢山来ていたオシドリも帰った後で、満々の水面は静か。向こう岸もサクラが良く咲いています。
c0051143_015868.jpg

 秋は紅葉の名所になるそうです。
c0051143_022845.jpg

 水位調整小屋
c0051143_03322.jpg

 全山縦走路に続く六甲の山並みは若い緑が萌え「山笑う」景色です。
c0051143_0506.jpg

 バス道まで下って来ました。
 石井川のサクラ   昔、平清盛の別荘「雪の御所」のあった辺り。震災後随分と風景は変わりました。
c0051143_08961.jpg

 神戸の川はどこも細くて急流。もう少し下流で天王川と合流して新湊川となります。
c0051143_092494.jpg

 「嫁しては実家を振り向くな」の教え通り、舅姑第一、夫とその弟妹達にかまけて、実家のことは殆ど
 我・関せずで過ごして来ました。それでもさすがにこのトシになると、この急坂の上にある墓地へ
 いつまで行けるだろうか? と気になり始めました。昨秋、弟嫁が僅か3週間で旅立ってしまった事も
 影響しているかも知れません。とにもかくにも、歩ける内に一度は行っておきたいと思うようになったのです。
 親子ほど年の違う弟が良く面倒を見てくれまして、願いがかなったのは嬉しいことでした。
 山の風景も良かったぁ!!

by cazu88 | 2017-04-14 23:38 | 風景 | Comments(1)
Commented by よしとう at 2017-04-15 09:57 x
いい処にあるんですね。最高のロケーションなのでしょうが、坂道はきつそうですね。
我が家の墓も、急こう配を登らなければいけないので、母親は既にリタイヤしています。

水源地のあたり、「ブラタモリ」で紹介された付近でしょうか?新緑がきれいですね。

よい墓参りが出来ましたね。


<< フリージア、ホタルカズラ、チオ...      六アイのサクラー3、中央通り西... >>